スピリチュアルの世界

一昔前にテレビで注目されたことで一般的な認知が広まったスピリチュアルですが、それはオーラや霊感など何か霊的なものを感じさせるものでした。
実際に、日本語では「霊的な」「魂の」と訳されるので、精神世界の一つとして認識することができるでしょう。
日本人は宗教に疎い国民ですが、それとは対照的に宗教的要素が強く見られる「人知を超える崇高な何か」の存在を信じている人は多い傾向にあります。
それが何かは分からないけれど人間が及ばない世界はあるという、まさにスピリチュアルの世界につながるものを感じているのです。
最近では不思議な力を与えてくれるパワースポットブームが起こり、神社などへ参拝する人の数も増加しています。
これも精神的な世界への繋がりを予感させますね。
日本人が無意識のうちに縋っているスピリチュアルな世界、これと向き合うことによって自身が求める答えを見い出すことができ、自身の進むべき道も見えてくるでしょう。

スピリチュアルって何を指すのか

よく耳にする言葉「スピリチュアル」、でも結局意味がよくわからない人が多いと思います。これはもともとゴスペルを意味する言葉が、「霊的な」という意味の「スピリチュアリティ」のことを指すようになった言葉です。
現在のスピリチュアルという言葉は「霊的な」「目には見えない力」「輪廻」などを表すアイコンになっており、しっかりとした定義はありません。カウンセリングはもちろん、ヒーリング、占い、環境保護の分野でもしばしばこの言葉が用いられますが、非常に感覚的な意味合いを持たせて使用されている何らかが「在る」ということを示すアイコンであり、宗教的な色合いを帯びて使用されることがあります。
現代医療や科学では証明が難しい問題、解決することができない様々な問題を癒すための、これは「言葉」です。例えば不治の病、病院で見てもらっても望みが薄い場合、大きな希望となるこの「言葉」が解決の方法となることがあります。病人は生きる希望を得るかもしれませんし、奇跡が起こることを信じ大きな安心と癒しになる場合は確かにあります。外からのストレスから身を守るため、悪い循環を断ち切るための方法として、チャネリング商法やオーラ商法など現在は様々な癒しのビジネスが展開されています。中には法外な謝礼が絡むトラブルや自己啓発とミックスされる例もありますので注意が必要です。
一般に「スピリチュアルに目覚める」人は何かの影響を強く受けている場合が多く、洗脳や共依存の関係が発生しているケースが多いです。

pickup

グリーン投資減税 太陽光
http://eco-taiyou.co.jp/green/
ダイビングライセンス 大阪
http://www.ssstrys.co.jp/
レディースの大きいサイズの服
http://www.cpbstory.com/
厳選素材の昆布佃煮・そば・ギフトの通販
http://www.tokyo-kajino.co.jp/
ボッシュ ドッグフード
http://dog-g-club.com/

2015/5/1 更新